お得に活用 ローン借換え

親子リレー返済の連帯債務者

親子リレー返済の連帯債務者は、子どもが、連帯債務者としてローンを引き継ぐという方式です。親が借りたローンの残りの金額を、子どもが支払っていくということですので、リレー返済を承諾する場合はよく考えて検討していかなければいけません。まず、返済期間の計算で、連帯債務者である子どもの年齢が基準となりますが、親が単独でローンを組むときよりは、長期でのローンが可能になるわけです。

また、収入合算も可能であるし、返済期間の短縮も可能になります。これは、メリットの部分だと思います。親の年齢が70才以上でも申し込みが可能な場合というのは、引き継ぐこどもの年齢によって計算が可能であるということですね。ただし、自分達の住まいであって、親族が住むための住宅に対しては、親子リレー返済は利用することはできません。

申し込みに際しての条件ですが、申込者本人かその子ども、あるいはこどもの配偶者に定期的収入があるかどうか。申し込み者にこどもがないときは、申込者本人の親族が後継者になれる場合もあります。基本的に、申し込む本人は70才未満であるということ。申し込み者本人と、同居する人がリレーの債務者になるということ。あるいは、同居予定でも可能。日本国籍を所有するかあるいは、永住権のある外国人といった条件になります。


Copyright (C) 銀行カードローン借り換えをお得に All Rights Reserved